噂の美人バイオリニストたちを徹底公開!

テレビやインターネットなどでよく見るバイオリニストの女性は、みなさんとってもキレイで美人な方が多いですね!バイオリンを弾いているだけでも素敵なのに、さらに美人だなんて、ちょっとうらやましくなってしまいます。

一生懸命に音楽に打ち込んでいるからこそ、その姿もさらにキレイに見えるのかも?!

そんなちまたで噂の美人バイオリニストのみなさんをご紹介します!

 

若手美人バイオリニストたち

日本で若手バイオリニストとして話題の方たちです。アーティストのサポートメンバーや歌番組のプレイヤーとしても目にすることが多いですね!

 

岡部磨知(おかべまち)さん

1984年生まれ、茨城県出身。桐朋女子高等学校音楽科卒業、桐朋学園大学卒業、同大学研究科修了。

3歳よりバイオリンを始め、在学中よりバイオリン演奏やモデルとして注目を集めます。DragonAsh,hitomi,soundhorizon、AAA、西野カナ、河村隆一、熊木杏里、他などのサポートメンバーをつとめ、ソリスト、アレンジャーとしても活躍されています。ソロオリジナルアルバムも3枚発表している注目の美人バイオリニストです。

『人生のメリーゴーランド』弾いてみた【岡部磨知】Violin Cover

ご自身で撮影された動画のようですが、お人形のようにきれいな方ですね!

 

末延麻裕子(すえのぶまゆこ)さん

山口県出身。桐朋学園大学卒業。4歳からバイオリンを始める。

多くのミュージシャンのサポートメンバーとして注目を集めています。演奏の場はクラシックに限らずポップスや演歌などジャンルを問わずに活躍されています。またクラシックをポップスにアレンジして、少しでも多くの若い世代に聞いてもらえるよう活動されているそうです。

 

スタイリッシュなモデルさんのようなスタイルで、演奏するバイオリンも情熱的!挑戦的な音色が素敵ですね。

ヴァイオリニスト末延麻裕子「ブエノスアイレスの春」/Violinist Mayuko Suenobu「Primavera Porteña」

澄んだ透明な音色が、情熱的な曲にお似合いです。

 

花井悠希(はないゆき)さん

1988年生まれ、三重県出身。東京音楽大学卒業。

クラシック音楽を勉強しつつ、ポピュラーミュージックの世界でも独特の世界観を表現し大きな注目を集めるバイオリニスト。1966カルテットでのビートルズ、クイーンや、マイケルジャクソンの楽曲を演奏したことでも話題になりました。

テレビ番組にも出演し、歌番組でのサポート演奏など華やかな演奏スタイルもとても目をひく美人バイオリニストです。

Thriller(スリラー) / 1966カルテット

見た目とうらはらに、かなり硬派でかっこいい演奏です。花井さんだけではなく、このカルテットのみなさんもとても美人な方ばかりですね!

インターネットで大評判の美人バイオリニストたち

インターネットが普及した今では、通常のコンサートやテレビ番組だけではなく、自分から独自の音楽活動を発信するのも当たり前となってきました。

バイオリンの世界でもセルフプロデュースで、活躍を場を広げている美人バイオリニストがいます。

ayasa(あやさ)さん

1991年生まれ、東京都出身。3歳よりバイオリンを始める。桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学卒業。

大学在学中の2011年より「Sword of the Far East」に参加し、ライブや音楽制作を行います。ソロとしてはCM出演、アルバム制作、ライブ出演、また全国ツアーなど精力的な活動を行うかたわら、さまざまなアーティストのサポートバイオリニストとして録音やツアーなども行っています。

アニメオタクとしてコスプレをして(しかもかなり完璧な仕上がり)バイオリンを弾くという今までにないアプローチで、人気に火がつきました。しかしバイオリンの演奏はかなり本格的で、素晴らしい演奏ですよ!

【ヲタリストAyasa】 バイオリンで”君の名は。”「前前前世」を弾いてみた

ayasaさんの魅力が爆発している動画です。スタイル抜群で本当に美人バイオリニストですね!

石川綾子(いしかわあやこ)さん

4歳でヴァイオリンを始め、5歳よりロンドンに在住。15歳よりオーストラリアに在住。国立シドニー大学、 シドニー音楽院卒業。

研ぎ澄まされた感性と超絶技巧から海外では『デビルズアヤコ』の愛称を持つ石川綾子さん。日本のクラシック界ではあまり知られた方ではないですが、オーストラリアでは大変高い評価評価を受けている美人バイオリニストです。

現在は日本を拠点に、ヴァイオリンやクラシック音楽の素晴らしさを広めるべく、ジャンルにとらわれない幅広い演奏活動をされています。

RADWIMPS「前前前世」(Violin Cover)/石川綾子

石川綾子さんもayasaさんと同じ曲を演奏しています。まったく個性が違い演奏スタイルも違うのがおもしろいですね!

テレビでよく見る美人バイオリニストたち

テレビのバラエティ番組にも美人バイオリニストが出演されています。みなさんご存知のバラエティ系美人バイオリニストの先駆け、高嶋ちさ子さん。そして生粋のクラシック音楽一家に育った宮本笑里さんです。

バイオリニストの活躍の場を大きく広げてくれたお二人をご紹介します。

高嶋ちさ子(たかしまちさこ)さん

東京都出身。6歳からバイオリンを始める。桐朋学園大学を経て、1994年イェール大学音楽学部大学院修士課程アーティスト・ディプロマコースを卒業。

言わずと知れた高嶋さんですが、芸能一家をご親戚に持ち大変華やかな経歴でありながら、あまりにぶっ飛んだトークで引っ張りだこの美人バイオリニストです。

しかしバイオリンにかける情熱は本当に凄まじく、ご自身のソロ演奏はもちろん「12人のヴァイオリニスト」のユニットをまとめ上げるには頭が下がります。

高嶋ちさ子 オーシャン・ブルー ~ORCA~【OFFICIAL】

トークとはかけ離れた優しくやわらかいバイオリンの音色にひきつけられますね。きっと実際にはやさしいお人柄なのかもしれません。

宮本笑里(みやもとえみり)さん

東京都出身。7歳からバイオリンを始める。幼少期はドイツで過ごし、帰国後、東京音楽大学付属高等学校に入学。2002年に東京音楽大学に進学。2003年頃、桐朋学園大学カレッジ・ディプロマ・コースに編入学。

お父様は世界的オーボエ奏者の宮本文昭さんで、現在は指揮者として活躍されています。

笑里さんは美人バイオリニストとしてはもちろんのこと、ニュース番組のキャスターとしても活躍され、そのかわいらしい笑顔に一躍人気を集めました。ソロバイオリニストとしても数々のコンサートに出演、またアーティストのサポートメンバーやゲストとしても引っ張りだこの人気ぶりです。

そのかわいらしい容姿とは逆に、演奏スタイルはなかなかダイナミックで太い豊かな音色のバイオリンを演奏されます。

宮本笑里 『birth』MV Short Ver.

まさに歌うようにバイオリンを演奏する笑里さん。聴いていても、そして動画を見ていても心が洗われるような演奏ですね!

まとめ

いかがだったでしょうか?日本で活躍する美人バイオリニストをご紹介してみました。

みなさんそれぞれに個性的な演奏をされる方ばかりで、聴いていても本当に楽しくなりますね!

ぜひ一度この美人バイオリニストたちの演奏をライブやコンサートでも聴いてみてくださいね。きっと人生が豊かになりますよ。

合わせて読みたい→超美人なヲタバイオリニスト【ayasa】の秘密にせまる!