ピアノ初心者にぜひチャレンジしてほしい5つのおすすめ曲を紹介します!

ピアノ初心者の方は、まず自分の好きな曲から練習する方も多いと思います。でも、少しずつピアノに慣れてくると、レパートリーを増やしたい、もっと色んな曲を知りたいと思うようになりませんか?ピアノの名曲をしっとり、またはカッコよく弾きこなせたら素敵ですよね。

しかし、ピアノの曲は数えきれないほどあります。自分が弾きたい曲はどんな曲なのか、どんな楽譜に名曲が載っているのか、迷ってしまったり、見つけ出せないことも多いと思います。

そこで、ピアノ初心者の方におすすめの曲と教本を合わせて5つ紹介したいと思います。

ピアノ初心者におすすめしたい名曲揃いの練習曲

まずはこちら、ブルグミュラー25の練習曲です。難易度の目安は、半年~1年以上ピアノを弾いている方向けです。

ブルグミュラー25の練習曲

https://books.rakuten.co.jp/rb/572743/

ピアノ教室に通っていれば誰もが通る教則本のひとつです。ピアノのテクニックを身につけるための練習曲ですが、一曲ごとにタイトルもついていて、教則本とは思えないほどの名曲が揃っています。繊細で美しいメロディーが多く、感情表現を養う練習にもなるでしょう。

ブルグミュラー25の練習曲より「素直な心」です。


儚げだけれど、清々しさを感じる美しいメロディーです。

こちらはブルグミュラーの中でも人気の高い「アラベスク」です。
<
左手が刻むリズムと、右手の軽快な音がとてもカッコいいですね。

感動せずにはいられない!?初心者でも聴きごたえする曲

続いては「キャサリンロリン ピアノの叙情詩」という曲集です。難易度の目安は半年以上ピアノを練習している方向けです。

キャサリンロリン ピアノの叙情詩

https://item.rakuten.co.jp/ablemart/4511005037671/

叙情詩という本のタイトル通り、情緒的で思わずホロっとくるような美しい曲が載っています。ジャンルとしては、クラシックよりもポピュラーに近いでしょうか。初心者におすすめできる楽譜ですが、弾きごたえも聴きごたえも十分な、感動できる曲ばかりです。

キャサリンロリン ピアノの叙情詩から「愛のテーマ」です。


聴いたことがある人もいるでしょうか。ドラマや映画のワンシーンを思い浮かべるような、切なくも優しい旋律が印象的ですね。この曲集の楽曲をしっとり弾きあげるには、テクニックだけではなく、大人ならではの表現力が必要な気がします。

ピアノ初心者でも一度は弾いてみたい!おすすめの曲はこれ!

ピアノ初心者の方にもぜひチャレンジしてもらいたいのがこちら。

戦場のメリークリスマス


映画「戦場のメリークリスマス」のサウンドトラックです。難易度の目安は3か月以上ピアノを練習している方向けです。ピアノ愛好家にも人気の一曲で、ピアノを弾くならこの曲を弾きたい!と思う方も多いのではないでしょうか。クリスマスのシーズンに、お友達や家族に聴かせるのもいいですよね。しっとりと聴かせるバラードですが、楽譜を見てみると、曲自体はとてもシンプルです。

こちらはとても人気が高いので、色んな楽譜に掲載されていますが、難易度が様々なのでレベルに合ったものを探すのは大変かもしれません。

そんな時には、一曲から楽譜を購入できるヤマハのぷりんと楽譜を利用してみてください。戦場のメリークリスマスにも、初級、中級、上級とレベル別の楽譜があるのでおすすめです。

ヤマハぷりんと楽譜
https://www.print-gakufu.com/

リズムにノッて楽しみたいあなたへ!おすすめの曲はこれ!

最後は少し曲調を変えて、こちらの曲をおすすめします。

エンターテイナー


リズムにノッて思わず体が動き出すような、ハッピーで軽快なメロディー。テレビやCMでも使われていたことがある曲なので、日本人にとっても馴染みのある曲ですね。

メロディーはシンプルですが、リズム感とテンポが大事になってくるので、まずは動画でリズムを耳から覚えると良いかもしれません。

まとめ

ピアノ初心者の方にぜひチャレンジしてもらいたい、おすすめの曲をご紹介しました。お気に入りの曲は見つかりましたか?どの曲も、初心者用にアレンジされていますが、弾きごたえ聴きごたえが十分にある、素晴らしい名曲です。練習曲と言えば、ちょっぴり退屈な曲が多い中で、情感たっぷりに表現を楽しめる曲はテンションも上がりますし、なんと言っても気持ちがいいですよね。

また、レパートリーが増えていくことは、ピアノを続けていくうえでの喜びですし、自信にもつながります。どんな曲を弾けばいいか分からない、と迷ってしまった場合には、今回の記事をぜひ参考にしてみてくださいね。