大人の初心者が電子ピアノを選ぶ時のポイントは!?予算は価値観で変わる!

ピアノを始めることを決意しても、まずはピアノがなければ始まりません。

本来ならばアコースティックピアノ(グランドピアノ、アップライトピアノ)を用意したいところですが、近年の住宅事情からアコースティックピアノを置くことが難しい場合もありますよね。

また、大人から始めるピアノの場合、いきなりアコースティックピアノを買うことに抵抗を覚える人もいるでしょう。初心者であれば電子ピアノでも十分という考え方の方が、今は主流になっているかもしれません。

そこで、ピアノ初心者の大人が電子ピアノを選ぶなら、どんなものがおすすめかをまとめてみました。

多種多様を極める電子ピアノ、そのメリットは?

電子ピアノと一言で言っても、機種も機能も多種多様にあります。有名なメーカーだと、

  • ヤマハ
  • ローランド
  • カシオ
  • カワイ
  • コルグ

といったところでしょうか。各メーカーにそれぞれの特徴があり、弾く人の好みによって好きなメーカーが分かれるところでもあります。

電子ピアノのメリットとは

電子ピアノのメリットは、主に次のようなことがあります。

  • 音漏れを気にしなくてよい
  • 安く買うことができる
  • 色んな機能がついている
  • ピアノほど置き場所に困らない

いちばんのメリットは、ヘッドフォンをしたり、ピアノのボリュームを下げれば、近所への音漏れを気にすることなく、夜でも練習できるということです。

ちなみに、これは余談ですが、ピアノの音というと、ご近所や階下への影響ばかりを気にしがちですが、実は家庭内でもピアノの音が騒音問題となってしまうことがあります。テレビを見ていたり、寝ている家族がいればピアノの音は迷惑になりますよね。家庭内でも、ピアノの音には気を使うものなのです。

電子ピアノがアコースティックピアノに勝るのは機能の多さ

電子ピアノには、アコースティックピアノにはないたくさんの機能がついています。メトロノームや録音機能、ストリングスやパイプオルガンなど多様な音色、鍵盤の重さを変えられる、伴奏機能、デモ演奏、MIDI端子やUSB端子付きなど、この他にも使いこなせないほどの機能があります。

しかし、ピアノの練習が目的であれば、最低限、メトロノームと録音機能があれば十分です。

大人のピアノ初心者は電子ピアノでも十分だけど…!?

昔と比べて電子ピアノの性能は抜群に上がっています。音色もタッチもアコースティックピアノにとても近くなっています。大人の初心者であれば電子ピアノで十分だというのも、納得できるような気がします。

ですが、電子ピアノを選ぶ際のポイントだけは押さえておきましょう。

いくら性能が良くても、ピアノの練習に必要な役目を果たしていない電子ピアノを購入してしまったら、後から不便な思いをすることになってしまいます。

ピアノ初心者が電子ピアノを選ぶ時のポイントはこれ!

鍵盤の数

いちばん重要なのは、アコースティックピアノと同じで、鍵盤が88鍵盤ある電子ピアノを選ぶことです。中には61鍵、76鍵しか鍵盤がないピアノもありますので、気を付けて見てください。鍵盤が少ないと、演奏できない曲が出てきてしまいます。

ペダル

ピアノの足元には3つのペダルがついているのを知っていますか?3つのペダルには、こんな役割があります。

ダンパーペダル(右側)

音を伸ばして維持することができる

マフラーペダル(中央)

音を小さくすることができる

ソフトペダル(左側)

音が小さくソフトになる

普段の練習で頻繁に使うのは、右側のダンパーペダルのみです。ダンパーペダルを使う曲は非常に多く、初級後半や中級あたりから弾く曲は、ほとんどがダンパーペダルを使うため、電子ピアノを選ぶ際はペダル付きのものを選びましょう。

時々、ペダルが別売りになっている電子ピアノを見かけますが、踏む時にずれてしまうと演奏が困難になるので、ペダルはピアノ本体についているものを選んでくださいね。

電子ピアノを選ぶ時に重要視するのはタッチと音質

電子ピアノを検討する時に、いちばん気になるのが音質とタッチではないでしょうか。

音色

先ほども言ったように、今の電子ピアノは性能が高いのでアコースティックピアノと音色がかけ離れているようなことはありません。しかし、メーカーによって音色は変わってきます。

ここは好みにもよるので、できれば実際に電子ピアノを色々試弾してみることをおすすめします。ポイントは、鍵盤をおさえる力加減によって、強弱や音色が変わること。

つまりアコースティックピアノでできる表現を、電子ピアノでも再現できるのが理想です。

タッチ

鍵盤を押したときの重さ、指の感覚もメーカーによって、機種によって様々です。

自分は軽い方がよいか、重い方がよいか見極めるためにも試弾してみてください。

カワイの電子ピアノは、アコースティックピアノにより近いタッチを再現していることで評判です。また、ヤマハの電子ピアノは、タッチも音質もアコースティックピアノの再現性が高いと評価されています。

あると嬉しい電子ピアノの機能

これがあればなお嬉しい機能をご紹介します。

椅子

椅子は付属であったり別売りであったりしますが、できれば高さを自由に変えられる椅子が理想です。ピアノを弾く時の椅子の高さはとても重要であり、椅子が低すぎたり高すぎたりすれば、基本の姿勢をとることができず、ピアノの演奏にも影響がでてしまいます。

譜面台

案外見逃しがちなのが譜面台です。

譜面台はアコースティックピアノについているのと同じような、しっかりしたものがよいです。

楽譜は結構重たく、ページ数が多いと、弾きたいページを開いておくことも難しかったりします。楽譜が安定せず、傾いたり譜面台から落ちたりするのは意外とストレスです。重い楽譜にも耐えられる、しっかりした譜面台がついているか、確認しましょう。

メトロノームと録音機能

メトロノームと録音機能は、ピアノ練習の必須アイテムです。最近の電子ピアノならば必ずついている機能だと思いますが、念のためにチェックしてくださいね。

予算の決め方は目的や価値観で変わる!?

電子ピアノの機能について紹介しましたが、機能と同じくらい大事なのが予算ですよね。電子ピアノの価格はピンキリですが、いくらだと安くて、いくらだと高いというのは、その人の目的や価値観によっても変わります。

例えば20万円の電子ピアノは「初心者でいつまで続くか分からないけど、とりあえずピアノが欲しい」人にとっては、とても高額です。そんなに高いピアノは必要ないですよね。でも、「ピアノを本格的に始めてコンクールにも出てみたい」人にとっては、より性能の高いピアノ、イコール高いピアノに価値があるわけです。

まずは、どんな目的で電子ピアノを買うのか考えてみてください。そのうえで予算を決めてみましょう。

楽器店の方にお話を聞いてみると、大人の初心者の方が電子ピアノを購入する場合、5万円~8万円のものを購入する方が多いそうです。

まとめ

大人の初心者の方が、電子ピアノを選ぶ際のポイントをご紹介しました。あれば嬉しい機能やアコースティックピアノにより近い再現性など、ポイントは色々ありましたが、絶対に忘れてならないのは『88鍵盤』あることと『足元のペダル』がついていることです。どんなに良い音色でも、このふたつがなければ満足なピアノ演奏はできませんので要チェックです。

こだわろうと思えばどこまでもこだわれてしまうのが電子ピアノです。

まずは、電子ピアノを買う目的を決めてみてください。