ピアノを独学で始めよう!初心者におすすめのピアノの始め方

ピアノを始める時、独学で始める方はたくさんいますよね。独学でピアノを弾くことは、練習も曲も自由にできることが大きなメリットです。しかし、はじめのうちは練習方法や、練習の進め方をどうすればよいのか、迷ってしまうのは当然のことです。

そこで、ピアノを独学で始める初心者の方に、ピアノの始め方やおすすめの教本をご紹介したいと思います。

ピアノの始め方!まずは音符になれよう

ピアノを弾くためには、楽譜が読めなければなりません。しかし、楽譜がほとんど読めない状態だと、音符を見ただけで「自分には無理かもしれない」と挫けそうになる場合もあります。音符は難解な記号のように見えてしまいますよね。でも、見ただけで苦手意識をもってしまうのは、とてももったいないことです。

なぜなら、音符を覚えることはそこまで難しいことではないからです。そして、楽譜を使った練習をしていればすぐに慣れることができます。音符を覚えるのは、英単語を覚えるのと同じ感覚でできるんですよ。

独学でも音符を覚えるツールはたくさんある!

音符を覚えるために、音符の学習の教本を用意する、またはネットで調べたり、YouTubeの動画を参考にしてみましょう。

こちらは簡単な音符の読み方の動画です。参考にどうぞ。

音符に慣れ、音符を覚えたら、次に楽譜に書かれた音符が鍵盤のどの位置に当たるのかを覚えましょう。

基本となる『ド』の位置さえ楽譜と合わせることができれば、あとは簡単に覚えていくことができます。一度ですべて覚えることができなくても、慣れてしまえば楽譜を見てすぐにその鍵盤を押すことができるようになります。

はじめのうちは、鍵盤にドレミと書かれたシールを貼っておいてもいいかもしれません。また、音符にドレミを書き込むことや、五線譜を用意して音符を書く練習をするのも、おすすめです。

時間がない方は、音符を覚えるためのアプリがありますので、空いた時間にゲーム感覚で覚えるのもよいでしょう。

初心者のうちに正しい姿勢と指の形を身につける

ピアノを弾くときには、正しい姿勢と指の形を意識しましょう。猫背になっていたり、指の関節を伸ばしてペタペタ弾いていると、良い音は出ませんし、曲を弾くことも難しくなってしまいます。

正しい姿勢

正しい姿勢とは背筋をしっかり伸ばすことです。ピアノを弾いているとつい猫背になってしまう人が多いです。遠くの鍵盤をおさえるのに前かがみになることはあっても、そこで猫背になるのはNGです。

腕は脱力が基本

肩や腕の力は抜きます。ここに力が入っていると、演奏中に腕が疲れて痛くなってしまいます。ピアニストは、どんなにハードな曲を何時間弾いても腕が疲れないといいます。それは、しっかり脱力できているからなんです。

指の形

指は、指の腹と指先の真ん中あたりで鍵盤をおさえます。これはピアノ教室などでやる方法ですが、「うらめしや~」とお化けのポーズをしてみてください。その形のまま鍵盤に手をおろした形が、ピアノを弾く手指のフォームです。

独学でも基礎練習は必要です!

ピアノは独学であっても、基礎練習はしておきましょう。

特に大切なのが指のトレーニングです。これから様々な技術を習得していくためにも指を鍛えることが必要です。一本一本の指が強くなると、音色も力強く、はっきりしてきます。また、速い曲を弾く時に指がしっかりまわるようになります。

独学のピアノ初心者におすすめの教本

ピアノの基本を学べて、指の練習もできる初心者の方におすすめの教本をご紹介します。

>>>大人のためのピアノ悠々塾 入門編 CD付き
音符の読み方から、どの鍵盤を押さえればよいかなど、基本的なことを学びながら練習を進められる教本です。収録曲も有名な曲ばかりなので練習しやすいでしょう。

>>>バーナムピアノテクニック 導入書
こちらはピアノ演奏に必要な技術の習得と、指の練習を目的としている、ピアノ教室でも多く使われている教本です。導入書で難しいと感じる場合には、さらにやさしい「バーナムピアノテクニック ミニブック」がありますので、そちらも参考にしてみてください。

弾きたい曲を思いきり弾いて楽しむ気持ちを養おう

自分が弾きたい曲を自由に弾けることこそが、独学の醍醐味です。

曲が上達するようにコツコツ練習していくのはもちろんですが、時には思いっきり心から楽しんで弾いてみましょう。音を間違えても、多少でたらめでも、注意する人はいません。

思いのままに音を出すのは結構気持ちいいものです。基礎を覚えなければと、ガチガチになって練習するよりも、好きな曲で音楽を、ピアノを心から楽しむ時間を作ってみてください。

楽しむ気持ちを養うことができれば、日々の練習もきっとうまくいくはずです。

まとめ

ピアノ初心者のための、ピアノの始め方をまとめてみました。

ピアノを独学で始めるには、音符を覚えたり、ピアノの基礎を練習したりとやることがたくさんあります。一見大変そうに見えるかもしれませんが、実際にピアノを弾き始めれば楽しいことがたくさんあります。

まずは楽しむことを大切にしながら、練習を始めてみてくださいね。