ポップスバイオリンなら【NAOTO】におまかせ!

バイオリニストNAOTOさんをご存知ですか?きっと名前は知らなくてもNAOTOさんのバイオリンの音色は絶対に耳にしたことがあるはずです。

ポップミュージックの世界でバイオリンを演奏し、第一線を走り続けるNAOTOさんの素顔にせまってみましょう!

バイオリニストNAOTOさんの人生は?

出典:http://naoto-poper.futureartist.net

金髪に染めた髪型がトレードマークのNAOTOさん、実は大変優秀なバイオリニストなのです。

1973年8月15生まれで大阪府高槻市出身のNAOTOさんは、東京藝術大学付属高校に入学後、東京藝術大学音楽学部器楽科を卒業されています。学生時代にはクラシックの音楽コンクールに入賞する成績を残しています。

そんなNAOTOさんは、クラシック音楽最高峰の大学でバイオリンを勉強していたのですが、実は大学時代に友人の落合徹也さんの影響を大きく受け、その影響でポップミュージックの世界を目指すことになりました。

クラシック音楽という枠に収まることのないNAOTOさんの才能は、友人との交流でその才能が大きく羽ばたくきっかけとなったのでしょう。

 

ちなみにこの世代の東京藝術大学には、バイオリニストの葉加瀬太郎さん、G−クレフというポップスインストゥルメタルバンドを結成したピアノの榊原大さん、バイオリニストの落合徹也さんが在学しており、現在の日本のポップス&クラシック音楽を担う方たちの宝庫でした。まさに刺激的なキャンパスライフだったのですね!

 

NAOTOさんのバイオリニストとしての活動は?

出典:http://naoto-poper.futureartist.net

ポップスバイオリンに転向したNAOTOさんは、在学中からそのバイオリンの腕前を見込まれ、他のアーティストのサポートやレコーディングに参加するようになります。明るく切れ味の良いNAOTOさんのサウンドは、多くのアーティストに愛されるところとなり、多くの演奏にそのバイオリンの音がきらめき始めていきます。

 

その後も順調に活動のフィールドを広げていき、ご自身のライブコンサートではバイオリンを弾きながら踊りまくる斬新なステージを披露し、アーティストとしての地位を固めていきます。またそのかたわら作編曲家として多くのアーティストに楽曲を提供したり、ライブサポートや音楽監督をつとめるなど、マルチな才能を開花していきました。

 

またドラマや映画などの劇中音楽も多く手がけています。ドラマ「のだめカンタービレ」では楽曲提供や演奏吹き替え、ご自身のドラマ出演、またドラマに参加する演奏家のオーディションなど、全面的に携わりました。

またアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」では、劇中に使われる楽曲のバイオリン演奏を手がけるなど、多くの人の心をつかむポップミュージックの貴重なバイオリニストとして活躍しています。

現在ではアルバム制作やライブ活動を始め、ラジオやCMにも多く出演されており、忙しい毎日を音楽ととも送られているようです。

 

NAOTOさんのバイオリン演奏はどんな感じ?

出典:http://naoto-poper.futureartist.net

明るい伸びやかなバイオリンの音色と、切れ味の良いリズムがNAOTOさんの演奏スタイルです。クラシックでつちかった気持ちの良い音程も、聞く人の心をぐっとつかみますね。

そんなNAOTOさんの演奏を動画で見てみましょう。

 

NAOTO – Brand new days(Short ver.) NLST2014 at TOKYO

リズム感あふれる演奏と、カッコいいソロが炸裂する演奏です。

 


押尾コータロー feat. DEPAPEPE & NAOTO「Magical Beautiful Seasons」(TV Size ver.)MBSラジオお天気のお知らせテーマ曲

押尾コータローさんギターとNAOTOさんのバイオリンが会話をするような素敵な演奏です!

 

NAOTO – Glowing(NAOTO LIVE TOUR 2017 “White Gift” ダイジェストver.)

ザ・ポップス!という明るい音色がNAOTOさんの魅力ですね!

 

NAOTOさんのサポート演奏の多さにびっくり!

出典:http://naoto-poper.futureartist.net

多くのアーティストから愛されるNAOTOさんですが、バイオリンでのサポート演奏の幅広い活躍ぶりには本当にびっくりします。

ちょっと調べただけでも、ポルノグラフィティ、浜崎あゆみ、葉加瀬太郎、榊原大、中島美嘉、T-SQUARE、CHAGE and ASKA、谷村新司、加古隆、広瀬香美、柏木広樹、鬼束ちひろ、宮本文昭、ゴスペラーズ、世良公則などなど、そうそうたるアーティストばかりです。

また演劇の世界でTEAM NACSの舞台音楽の監督をつとめたり、葉加瀬太郎さんが主催する「Live image」でもオーケストラimageのコンサートマスターをつとめています。どのフィールドでもNAOTOさんらしい活躍ぶりで、とても広い守備範囲にもびっくりしますね!

 

実は食べるのも大好きなバイオリニストのNAOTOさん!

世の中の音楽家やミュージシャンは、実は食べるのと飲むのが大好きな人が多いのですが、NAOTOさんもミュージシャンらしく食にこだわりがある方です。カレー好きがこうじて、日本スープカレー協会の広報理事をつとめ、カレーマイスターの資格も取得。インスタグラムの更新は、カレーの情報が目立つほどです。

おいしいカレーがNAOTOさんの原動力なのかもしれませんね。

NAOTOさん(@naoto_poper)がシェアした投稿

まとめ

いかがだったでしょうか?多彩なNAOTOさんの魅力はご紹介しきれないほどでしたが、素晴らしい才能に恵まれたミュージシャンだということは間違いないようです。

日本のポップミュージックのバイオリニストとして先頭を走っているNAOTOさん、その演奏スタイルに憧れる若いバイオリニストも多くいることでしょう。

これからも素晴らしい演奏と多くの刺激に満ちた音楽を、たくさん届けてほしいですね!