バイオリンの発表会でよく弾く曲

子どもたちのバイオリン発表会でよく演奏される定番曲があります。

バイオリンを練習する人が必ず弾く曲には、やはりバイオリンの技術を学ぶために必要な要素がたくさん入っています。

もちろん演奏技術だけではなく、その豊かな音楽性も大きな魅力です。
そんな素敵な発表会の曲をご紹介します。

バイオリンの発表会でよく弾く曲【第1ポジションまで】

バイオリンをはじめたばかりの初心者がよく演奏する曲をご紹介します。

凱旋の歌

賞状の授与などでよく流れるこの曲は、実はヘンデルが作曲したものです。

バイオリンで弾くのにちょうどよい調で、元気いっぱいの演奏が聞きたいですね。篠崎バイオリン教本の1巻に収録されています。

マジャールの踊り

新しいバイオリン教本の2巻に収録されています。

ハンガリーの民謡でなんとも物悲しいメロディーが子どもたちにも人気の一曲です。ピアノ伴奏が入るとさらに楽しくなります。

狩人の合唱

こちらはウェーバーが作曲した歌劇からの1曲ですが、いきいきとしたメロディーが発表会でも大人気

小さい子どもたちが来年はこれが弾きたい!とリクエストが来るほどです。後半のリズムも楽しいですね。

篠崎バイオリン教本の2巻に収録されています。

ヘンデルのブーレ

こちらもヘンデルが作曲したブーレです。
鈴木バイオリン教本の2巻に収録されています。

やはり元気いっぱいのブーレは、バロック時代らしい表現方法が勉強でき、バッハに比べると明るい雰囲気がとても愛されている1曲ですね。

初級から中級へ・難易度別バイオリン曲一覧!