バイオリンの弓にこだわりたい!どのくらいの値段がオススメ?

バイオリンをある程度弾けるようになると、気になってくるのが弓です。初めはよくわからずとりあえず購入してしまったけど、弓ってやっぱり値段で違いが出るのかな?

そんなあなたにぜひ参考にしていただきたい弓についてのご紹介です。

 

バイオリンの弓の違いはどこ?値段の違いは?

出典:https://www.amazon.co.jp/

バイオリンの弓って付属品みたいなもの?と考えているようでしたら、それはやめましょう!弓は立派な楽器ですし、弓で表現できる音や演奏技術も大きく変わります。

レガートでうまく音がつながらないのは弓でカバーできますし、スタッカートで弓が弾まないのも、良い弓で簡単にできるようになるのです。

上手なバイオリニストはバイオリンも素晴らしい楽器を使っていますが、実は弓もかなり良いものを使っています。

 

バイオリンの購入時の目安として「弓はバイオリン本体の3分の1ぐらいの値段」という話がよく聞かれます。

これは目安としては正解なのですが、ある程度弾けるようになったアマチュアのバイオリニストの方には、もう少しお値段の高い弓をオススメします。

ポジション移動ができるようになり、バイオリンの小品やソナタを弾き始めるくらいのレベルになったらぜひ買い替えを検討してくださいね。

もし30万円ほどのバイオリンを弾いているとしたら、弓は20万円以上のものを考えてみてください。音色がぐっと変わりスムーズに演奏することができます。

 

バイオリン弓の値段はお高め?どんな材質の弓があるの?

出典:https://www.amazon.co.jp

コストパフォーマンスや見た目で考えると、おそらくバイオリンの弓は大変高いです。

バイオリンを弾かない方からすると、ただの木の棒なのになんで何十万円もするの?とよく聞かれます。

 

バイオリンの弓はフェルナンブコという木から作られます。独特な粘りとしなやかさを持ち、木の加工がしやすくバランスの良い弓を作れる素材として長年愛されてきました。

弓のブランドであるサルトリーやトルテなど、名弓と呼ばれる弓はすべてフェルナンブコから作られています。

しかし最近では良質なフェルナンブコが減少してきており、新作の弓の値段が上昇しつつあります。

 

フェルナンブコに変わって最近ではブラジルウッド、スネークウッドという木も使われています。

フェルナンブコに似た材質の木ですが、しなやかさはあるものの独特の粘りが出づらく、腰がない弓か固い弓か、どちらかにかたよってしまう傾向にあります。安価な弓であれば十分に耐えられる素材です。

 

また技術の進歩により、カーボンなどの人工素材も使われるようになってきました。

カーボン弓が出てきた当初は頑丈で折れにくい弓という印象でしたが、最近ではフェルナンブコに負けない音色が表現できるようになり、操作性は名弓にも負けない弓が出てくるようになりました。お値段も幅広く高額なカーボン弓も出回るようになっています。

 

値段で変わる!バイオリンの弓でこんなにラクに弾ける

実際にバイオリン弓の値段の違いはどのように反映されてくるのでしょうか?

 

5〜10万円前後の弓はあまり大きな違いはありません。

作りがていねいになったり、フロッグやスクリューなどのパーツが高級な物という違いくらいです。

ですからこの金額であれば、気に入った弾き心地の弓を選ぶと良いでしょう。

 

10〜20万円の弓になると音色に違いが出てきます。

なめらかなレガートや粘りのある腰の強さ、または音量が出てパワー系の音色が得意な弓、というようにタイプが分かれてきます。また音色にも抜け感が出たり、密度の濃い音など個性も出てきます。

 

20万円以上になると操作性にあきらかな違いが出てきます。

弓のバランスがぐんと良くなってくるので、弓が軽く感じる場合もあるでしょう。スタッカートがラクにできるようになったり、音を抜いていく奏法(減衰)などがコントロールしやすくなるなど、かなりメリットが増えてきます。

 

40万円以上になると音の芯がクリアになり、高音の伸びや低音のパワーなど、いくつもの特長を兼ね備えるようになります。

あとはいかに表現力が高く、操作性が良くなるかという点で、お値段が高くなるほどメリットが増えると考えてください。

 

60万円前後から新作と古い弓が候補として入ってくると思います。好みもありますが、あまりに古すぎる弓(150年以上)は弓の寿命が短くなってくるので、慎重に検討してください。

古い弓はやはり材質が良く独特の響きも表現できるので、操作性がよければとても良い相棒になりますよ。

 

オススメのバイオリン弓ポイント!お値段にも注目

出典:https://www.shimamura.co.jp/lesson/index.html

以上をふまえて、バイオリン弓のポイントは以下になります。

 

バイオリン弓のポイント【重量】

弓の重量は60g前後とされていますが、まれに61g超えの重い弓もあります。弓本体の重さよりもバランスを重視するといいでしょう。

手が小さい方や体格が小柄な方には、あまり重い弓はオススメしません。

 

バイオリン弓のポイント【バランス】

弓の重さよりも重視したいのがバランスです。弓の重心がどの辺りにあるかにもよりますが、妙に手元が重かったり、弓の先が重すぎたり軽すぎたりする場合は慎重に選びましょう。

バランスは右手の疲労にダイレクトにつながります。手の故障にも関わるので無理なバランスの弓は避けるのが懸命です。

 

バイオリン弓のポイント【音色】

高音が抜ける、軽い音色がラクに出る、または低音をしっかり鳴らせる、バイオリンがよく響くなど、音色の違いは重要視しましょう。

ご自身の演奏の苦手なポイントをカバーしてくれる弓を選ぶのがオススメです。

 

バイオリン弓のポイント【操作性】

レガートやスタッカートなど、奏法の悩みは弓である程度カバーできます。弓の毛が弦にしっかり吸い付く感覚がある弓は、レガートやテヌートなど粘りのある音を作りやすいですし、反発力が適度にあり弾みやすい弓は、スタッカートやリコシェなど弓を飛ばす奏法が作りやすいです。

これも自分が苦手に感じる奏法をカバーしてくれる弓をオススメします。

 

バイオリン弓のポイント【値段】

バイオリンの弓はお値段が上がれば、さまざまな性能や操作性もどんどん良くなります。ある程度の演奏技術はお金を出せば買えてしまうと考えてください。

バイオリン本体の場合は金額が大きいためその違いがわかりにくい面もありますが、弓は正しい値段がついておりきちんと作られていれば、お値段相当のメリットがたくさんあります。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?バイオリン弓の選び方やお値段についてご紹介しました。バイオリン本体はなかなか買い換えるきっかけを作るのはむずかしいですが、弓はある程度上達したらぜひ良い弓を使ってみてください。

きっとバイオリンがぐんと上達したことが実感できると思います!