初級から中級へ・難易度別バイオリン曲一覧!

クラシックのバイオリンの曲は当に数が多くて、いったいどの曲を弾いたり聞いてみたりすれば良いのか、とても迷いますね。

そんな時に参考にしていただきたい、初級から中級までの主要曲を難易度別に一覧にしました。

「新しいバイオリン教本」に掲載されている曲を中心にご紹介します。

バイオリン曲・難易度レベル1

まずは第1ポジションで演奏できるバイオリン曲をご紹介します。同時にカイザー1巻を一緒に練習することをオススメします。

「ガボット」 リュリ作曲

新しいバイオリン教本2巻に掲載されている「リュリのガボット」です。

スタッカートや中間部の音程がすこしむずかしい曲ですが、ボリュームのある長さで発表会でもよく弾く曲ですね。

「ロマンス」 リーディング作曲

こちらも新しいバイオリン教本2巻に掲載されています。

美しいメロディーと劇的な中間部が楽しい、とてもバイオリンらしい1曲です。

ピアノ伴奏も華やかなのでアンサンブルも楽しめます。

ピアノ伴奏だけの動画です。練習の時に使ってみてはいかがでしょうか?

「金婚式」 マリー作曲

バイオリン名曲31選」に収録されている曲で、バイオリンやフルートのレパートリーとして有名です。

ポジション移動が必要な指使いになっていますが、第1ポジションだけでも演奏可能です。

「バイオリン協奏曲 第2番&第5番」 ザイツ作曲

学生協奏曲とも呼ばれる、お稽古コンチェルトでもあるザイツのバイオリン協奏曲です。

初心者が中級へ進むための試金石ともいえる曲で、基本的な音程や奏法などが盛り込まれた内容です。むずかしいですが弾いていて夢中になれるバイオリンならではの1曲です。

ピアノ初心者にぜひチャレンジしてほしい5つのおすすめ曲を紹介します!