独学のお助けに!実践的バイオリンの弾き方

バイオリンを始めようと思って楽器を買ったんだけど、いったいどこに気をつけたらいいのかな。テキストに書いてあるんだけどよくわからなくて。

そんなあなたのために、バイオリンの弾き方ポイントをまとめてみました。

 

実践的バイオリンの弾き方 その1【構え方】

バイオリンの構え方はまず最初に迷うポイントですね。まずはバランスよく構えるためのコツをお伝えします。

 

肩当ては使いますか?また正しくついていますか?

筆者撮影・肩当て

バイオリンを弾く時に使う肩当てですが、正しく付いていますか?肩当ては肩の方に少し幅の広い方が来るようにします。バイオリン本体に対して真横にかかるようにつけましょう。肩当ての足の流さは、肩の側がやや低めで、胸の側がやや高くなるようにします。

 

構え方のコツはバイオリンの重さのうち、5割を鎖骨とアゴで、残りは左手で持つ感じです。肩当てを使うとこれが7対3ぐらいのイメージになります。

肩当ては使わないという選択もあります。肩当てなしでバイオリンを構えることが可能ならばぜひ試してみましょう。

楽器を構える姿勢は?

初心者の方によくあるのが、バイオリンを左肩に乗せて担いでしまう構え方です。このフォームだと右手の弓が弾きにくくなってしまいます。

正しいフォームはバイオリンが身体の正面に来るようにし、左胸の正面に左腕が来るようにしましょう。鎖骨を意識してバイオリンをのせるようにするととうまく決まります。

また楽器の高さは、肩よりも少し低めで大丈夫です。自分の身体や姿勢が窮屈に感じないこと、バイオリンが自然に一体化するイメージを持ちましょう。

 

実践的バイオリンの弾き方 その2【左手の使い方】

左手は手の形をしっかり作り、指の上げ下ろしを心がけましょう。リラックスして動かすのがポイントです。

 

手首の形をチェック

筆者撮影・左手首の悪い形

左手の手首がバイオリンのネックに沿って、そっくり返っていませんか?これでは手がつっぱり、ポジション移動がむずかしい手になってしまいます。

筆者撮影・左手首の良い形

手首は少し外に突き出すように軽く曲げます。手首の内側にシワが2、3本できるくらいです。

親指と人差し指の形

筆者撮影・左手手首、ネックへの添え方

ネックを下からそっと支えるように当てるのがこの2本の指です。親指の腹と人差し指の付け根辺りでネックを支えます。

この時つっぱりやすいのが親指です。外に伸びてしまったり、ネックの上からひっかける形にならないように。指板の上に少しだけ顔を出すくらいがほどよい位置ですよ。

 

弦を押さえる指の形

筆者撮影・左手の指の形

人差し指から小指までは、弦の上にセットするように軽く手首をねじって手を広げてみましょう。指先まで丸くなるように関節はすべて曲げます。爪が弦に対して垂直になるイメージで、上から弦を押さえていきます。

小指だけは長さが短いと指を立てるのがむずかしいので、関節がひっくりかえらないように、指の腹で押さえてみてくださいね。

 

実践的バイオリンの弾き方 その3【右手の使い方】

弓を持つ右手も独特の使い方をしますね。まずはやわらかく包み込むイメージを大切にしましょう!

指は全部丸くして弓を持ちましょう

筆者撮影・右手の指の形。見やすくするために鉛筆で代用しました。

弓を持つとどうしても指がつっぱってしまって、ガチガチになってしまうこともしばしば。弓はとても長いですが実は60グラム前後しかありません。長さと重さのバランスを取るのがむずかしいだけなのです。

筆者撮影・右手の弓の持ち方

右手の指はすべて関節を軽く曲げるようにして持ちます。親指や小指がつっぱらないようにしましょう。また真ん中の3本は指先で持つのではなく、指の腹が棹に巻きつき支えるイメージにしてみましょう。つっぱる方の多くは指先で持っていることが多いです。

 

弓の重心を考えてみる

筆者撮影・右手の弓の持ち方

弓を持つのがむずかしく感じる原因は弓の重心にあります。弓は根元がとても重く感じ、下から約3分の1の場所に重心があります。長さの真ん中ではないのがポイントです。

筆者撮影・重心を持ってみる

もし持ちづらく感じる時は、この重心辺りを持って弾いてみましょう。かなりラクに動かすことができるはずですよ。

 

ゆっくり全弓を弾く練習をしてみる

弓が持てるようになったら、弓の毛全部を使ってゆっくりと弾いてみましょう。もし重心で持っているなら、その場所から弓先までで大丈夫です。

スピードをつけずにグラグラしないで動かせるようになったら、少し早めのスピードで同じ距離を。そして次にはカウントを4つか、2つで数えながら同じ距離を。

少し安定した良い音が出てきたら、これを繰り返してみてくださいね!確実にバイオリンらしい音になっていきますよ。

 

実践的バイオリンの弾き方 その4【いろいろな奏法】

バイオリンにはスタッカートやヴィブラートなど、独特の弾き方があります。簡単にご紹介します。

 

スタッカートは右手の弓で作る

はずむように軽やかな音を出す「スタッカート」は右手の弓で行います。

導入のために弓のちょうど真ん中あたりを、弦に軽くぶつけてみましょう。弓の張力で自然にバウンドします。

次にドリブルをするイメージで、低いまま連続で弾ませてみましょう。無理に力を加えることとんでもない方向に飛んでいってしまうので、軽くで大丈夫です。

 

できるようになったら、弾ませた弓を少し上下に動かして音を出していきます。ポンポン、と音が出たら成功です。とりあえず基本的なスタッカートは大丈夫ですよ。

 

ヴィブラートは左手全体で作る

音を柔らかく震わせるヴィブラートは、指だけではなく左手の腕や手首など腕全体でかけていきます。

導入として左腕全体をブラブラと揺すってみて、今度はバイオリンを構えるように手の平を上向きにして、同じように揺すってみます。この段階で急に固まってしまうようならば、力は抜けていません。

次にバイオリンを持った状態で、同じように左腕の肘から先を前後に揺らすことはできますか?指は弦の上を軽くこするように滑らせます。

ここまでできれば実際のヴィブラートの練習に入っても大丈夫でしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?初心者の方が練習しやすいポイントをまとめてみました。

大切なのは身体が緊張することなく、つっぱらないことです。身体中の関節を柔らかくするイメージを持ち、バイオリンを包み込むように考えてみましょう。

しなやかなフォームは安定して演奏につながる一番の近道です。がんばってみてくださいね!