バイオリンの初心者が購入しておきたい道具&小物

バイオリンを練習していると、いろいろな道具が気になってきませんか?テキストなどにもぜひ使ってみましょう!と紹介されている小物も多くあります。

バイオリンに限らず音楽を勉強する時に、ぜひ取り入れたい道具や、バイオリンを弾くのに便利な小物などを一挙にご紹介します。

 

バイオリン初心者が購入したい道具【楽器を演奏する人が使うもの】

バイオリンに限らず、管楽器や打楽器、鍵盤楽器や声楽など、あらゆるジャンルの音楽を演奏する人が使う道具があります。まずはこの小物からそろえてみてはいかが?

 

楽譜を乗せるのに必要な【譜面台】

出典:https://www.amazon.co.jp/

バイオリンをはじめた頃はあまり気にならないのですが、楽譜を使うようになると急に欲しくなるのが「譜面台」です。鍵盤楽器の方は楽器についていますが、それ以外の方は必ず持っておくことをオススメします。バイオリンの場合はつい姿勢が悪くなるので、胸の高さに合わせて使うといいですよ。

譜面台のお値段はピンキリで、持ち運ぶならばアルミ製の軽くてコンパクトなタイプ(お値段も安めです)自宅で使うなら安定性の良いスチールタイプや、おしゃれな木製の譜面台も素敵です。デザインやカラーも豊富なのでぜひお好みのタイプを!

 

正しいリズム感を身につける【メトロノーム】

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

出典:https://www.amazon.co.jp/

メトロノームもぜひ購入しておきたい道具です。正確なリズムで演奏するためには必ず必要で、最近はスマートフォンのアプリにもありますね。昔ながらの三角形のぜんまい式、デジタル表記で使う電池式、また持ち運びがしやすいコンパクトなタイプなどさまざまです。

バイオリンは意外に音が大きいので、自宅で使うなら音量調節ができるタイプや、木製でよく聞こえるものがオススメです。ぜひお店で音を確認してみてください。

 

正しい音程を身につける【チューナー】

出典:https://www.amazon.co.jp/

出典:https://www.amazon.co.jp/

バイオリンの演奏する時に一番気になるのが音程です。そもそも自分の弾いている音程があっているかもわからなくなるのがバイオリンの辛いところ。そんな時にぜひ頼りたいのが「チューナー」です。

開放弦の音程を合わせるのはもちろん、左手の指をおさえていく時にも使います。音程のずれをチューナーの針で示してくれるので、少しずつ正しい音程を覚えられます。最近ではメトロノームと一体型になったチューナーが多く出ており、携帯するのにも便利です。

またバイオリンのスクロール付近にクリップで挟んで使うタイプもあります。周りで違うバイオリンの音が鳴っていても、内蔵ピックアップで音程を拾うのでいつでも使えます。
バイオリン用のチューナーは「クロマチックチューナー」と呼ばれるタイプを購入してください。ギター用だと全ての音が判定できないので使えません。

 

バイオリン初心者が購入したい道具【バイオリンを演奏する人が使うもの】

今度はバイオリンの人専用の道具をご紹介します。なんとなく知っているけどどうやって使うのかな?という小物もご紹介しますよ!

 

バイオリンの演奏に必ず必要な【松ヤニ】

出典:https://www.amazon.co.jp/

バイオリンを弾く前に弓に塗る「松ヤニ」は弦楽器専用の消耗品です。バイオリンを購入するとオマケで付けてくれることも多いですが、ぜひ自分の好みの音色が出る松ヤニを購入してみましょう。

松ヤニは松(パイン)の樹液を精製して固めたものです。色がべっこう飴のように金色のものから、茶色の透明なもの、少しにごったもの、そして褐色や黒の濃い色のものまでさまざまなタイプがあります。色の違いは松ヤニを煮詰める時間で変わってくるのですが、一般的に金色のものはさらっとした使い心地で高音が響くように作られており、濃い色になるほど粘度があがるので、弓の毛がよくひっかかり重厚な音色となります。

 

日本の気候を考えると、金色の松ヤニは夏場の湿度の高い時には良いですが、冬だとまったく吸い付きがなくなります。また黒の松ヤニだとベタベタし過ぎるのでバイオリンにはあまり向きません(オマケで付いてくるのはなぜか黒色が多くて、いつも不思議に思います)一年を通して使うには、上記画像のベルナーデルや、メロス、またアルシェから出ている茶色のものが安定して良い音が出ると思います。

 

バイオリンの音を小さくする【ミュート】

バイオリンの音を小さくするのに使うのが「ミュート」です。このミュートには2種類あり、演奏時に作曲家の指示で使う「演奏用ミュート」と、自宅で練習する時に小さな音にしたい消音器としての「練習用ミュート」があります。

出典:https://www.amazon.co.jp/

演奏用のミュートは、この「トルテ」というタイプが一般的で、駒を挟むようにして使います。2つ穴と1つ穴のタイプがあり、2つ穴の方が小さい音になりますが音色が少し悪くなります。

 

出典:https://www.amazon.co.jp/

練習用ミュートは駒の上からかぶせて使うゴム製のものが一般的です。金属製のものもあり消音機能は金属の方が強力ですが、音色が悪くなるのと楽器に落とすと大きな傷になるのであまりオススメしません。

 

出典:https://www.amazon.co.jp/

また駒本体に帯のように巻きつけて使うタイプもあり、こちらは視界をさえぎらず消音効果も抜群なので、少しお高いですが使ってみる価値がありますよ。

 

バイオリン初心者が購入したい道具【便利な小物】

他にもおもしろい小物や便利なものがあるので、簡単にご紹介します!

 

出典:https://www.amazon.co.jp/

バイオリンのボーイングがどうしても安定しない時に試してみたい「ボーイング練習ガイド」です。まっすぐ弾けるようにガイドに挟んで使います。

 

出典:https://www.amazon.co.jp/

弓の持ち方で、指の場所が安定しない人に使ってほしいのが「Bow Hold Buddies 」です。カエルを握るように持つと右手が安定します。

 

出典:https://www.amazon.co.jp/

左手の手首や手の形が定まらない時に使いたいのが「矯正バンド」です(かなりしんどい気がするのですが)

これだけは実物を見たことがないのでちょっとわかりませんが、効果はあるのかもしれません。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?バイオリン初心者に購入してほしい道具や小物をご紹介しました。

必ず揃えてほしいものから、ちょっと冗談のような小物までいろいろありましたが、ぜひ挑戦してみてくださいね!