バイオリンの価格の謎!いろいろな国のバイオリンの違いは?

大手楽器店や専門店にずらりと並ぶバイオリン。初心者向けのエントリーモデルから、プロが演奏する最高級のものまで、多くの価格にわかれています。

また作られる国も多く、いったいどの国のバイオリンがいいのか悩んでしまいますね。新作バイオリンを中心にわかりやすくご紹介します。

 

バイオリンの価格の謎!【作られた国】によって変わる

バイオリンは世界中の国で製作されています。もともとはヨーロッパが発祥の地ですが、その製作技術を学んだ人が自国に戻り、バイオリンを作るようになりました。

 

バイオリンの価格「イタリア・ドイツ編」

やはり弦楽器発祥の地だけあって、イタリアが一番有名です。大手メーカーよりも個人製作者が多く活躍しており、個人の工房で多くのバイオリンが作られています。世界中からその工房に修業に来る人が後をたたず、日本人も大勢修業をしています。

 

個人製作者が多いため、イタリアのバイオリンの価格は非常に高額です。工房で製作されたアトリエ製のバイオリンでも80万円くらいから、製作者本人のものとなると300万円をくだらないバイオリンもざらにあります。

人気の製作者の楽器は予約をして数年待ちになるのも当たり前の状況です。

 

次に多いのはドイツです。個人製作者も多いですが、メーカーも多くあり、良質な中級クラスのバイオリンをたくさん製作しています。どっしりとした重厚感のある響きが特徴で、初心者の方にオススメです。20〜40万円ほどで良いバイオリンが見つかります。

 

バイオリンの価格「フランス・ベルギー・東欧編」

フランスとベルギーもバイオリン製作が大変盛んな国です。18世紀から多くの製作家やメーカーがあり、今でもオークションで取引されています。また弓も多くの製作家がいます。

現在は中級クラスの楽器作りが得意で、美しい音色と洗練されたデザインと色合いが特徴です。弾いていて嬉しくなる楽器が多く、価格も60〜100万円くらいで選ぶことができます。

 

東欧のハンガリー・チェコでもバイオリンがたくさん作られています。あまり高額な価格のバイオリンは多くないため、初心者モデルや中級モデルで候補に入れたいところでしょう。ややダークな音色で落ち着いた色味が特徴のバイオリンです。

 

バイオリンの価格「日本編」

日本は明治時代からバイオリン作りが始まりました。鈴木政吉が始めた鈴木バイオリンが大変有名ですが、現在も多くのメーカーがしのぎを削っています。

繊細な細工やバランス作りを得意とする日本らしく、バイオリンも非常にバランスが良く、伸びやかなで均一な音色をする楽器が多くあります。価格も幅広く10〜100万円を超えるほど、あらゆる価格帯のバイオリンがあります。

安定して使えますが、逆に楽器の個体差が少なく個性に欠けるという声もあるので、ぜひ弾き比べてみるといいですね。

 

個人製作者も非常に多く、個性豊かなバイオリンが作られています。バイオリン製作者コンクールで入賞する人も多く、イタリアにも負けないバイオリンがたくさんあります。

 

バイオリンの価格「アジア編」

中国も多くのバイオリンを作っていますが、安価な初心者モデルがとても多く、仕上がりにやや不安な面があります。価格的には購入しやすいですが、よく吟味する必要があるでしょう。

また中国の個人製作者の楽器も出回るようになり、こちらはイタリアで修業をした人も多いので、素晴らしいバイオリンが見つかることもあります。

 

台湾もバイオリンが盛んな国です。海外にはあまり出回らないですが、台湾国内では良質な初心者モデルがたくさんあり、とても美しい音色のバイオリンもあります。価格も比較的安いので購入しやすいです。

 

バイオリンの価格の謎!【ランク】によって変わる

バイオリンには目安になるランクがあります。

エントリーモデルと言われる初心者ランクは基本の工程を工場で作り、いろいろな人が関わって作られています。材料も最低ランクのものを使っています。

中国の工場で基本の工程を作り、仕上げはそれぞれの国で行い出荷というケースもあるので、ドイツ製といってもほとんど中国で作られた場合もあります。

 

次は中級モデルとなるランクです。最初の工程は工場やアトリエで修業中の若手が携わりますが、最後のフィニッシュだけはマイスターと呼ばれる職人さんが仕上げます。材料はやや良いものを使いますが、木材の乾燥は機械を使ったり、上級モデルに使用できない材料を回したりするので、やや劣る面もあります。

 

上級モデルは工程のほとんどを手作業で行います、材料の木の状態をよく確認し、特徴を活かしてバイオリンを作るので、やはり仕上がりの音色がまったく違ってきます。

 

このように価格によって製作過程が変わるのが特徴です。どこまで手をかけているかで如実に価格が変わってきます

 

バイオリンの価格の謎!【実際の目安】はどれくらい?

あくまで現在市場に出ているバイオリンの価格を参考にしたものですが、

 

  初心者モデル 7〜30万円くらい

  中級者モデル 30〜100万円くらい

  上級者モデル 80〜120万円くらい

 

大手メーカーから出されているバイオリンの価格です。個人製作者やアトリエ製のバイオリンは含んでいません。

 

価格は非常に幅広く、特に中級モデルの価格差が大きいので、購入する時には悩むと思います。

予算の立て方としては、まずバイオリン本体にかける金額の最大を決めます。初めてのバイオリンならば弓とケース、小物は最低限で考えるのがオススメです。

その予算の前後でいろいろなバイオリンを弾いてみるのがいいですね。20万円オーバーくらいまでは試してみると違いがわかりやすくなりますよ。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?バイオリンの価格の謎についてご紹介しました。

作られる国によってずいぶんと価格が変わりますし、バイオリン自体の個性もバリエーション豊かです。ぜひたくさんのバイオリンを弾いてみてくださいね。