バイオリンを弾くなら知っておきたい毎日のメンテナンスや保管

バイオリンを弾いていると、お手入れの方法が気になりませんか?楽器の大きな不調や変化が出たら調整に出す必要がありますが、日常のちょっとしたことは自分でケアすることができます。

毎日続けたいバイオリンのお手入れやメンテナンスをご紹介します。

 

毎日やりたいバイオリンのメンテナンス

ポイントは松ヤニと汗などの汚れ落としです。日頃のお掃除と簡単なお手入れをご紹介します。

 

使ったあとのメンテナンスは軽いお掃除から

バイオリンを弾くと松ヤニの粉が飛んだり、手汗や脂で楽器が汚れます。ケースの中に掃除用のクロスを入れておいて、使ったあとは拭いてからしまいましょう。

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

クロスは楽器店でも売っていますし、使い古しのハンカチやガーゼタオルなどもバイオリンのボディを拭くのに使えます。クロスを購入する時は薬品が含まれていないものにしましょう。

 

拭き方は、手や顔を触れた場所はさっと拭い、松ヤニが飛ぶ駒の周りや指板の下もクロスを入れて拭きましょう。

忘れがちなのがあごあての上です。特に女性の場合は化粧品がついてしまうことも多いので、もう一枚クロスを用意して、汚れ落としに使うと便利です。

あまり力を入れてゴシゴシ拭くとバイオリンをいためてしまうので、軽くで大丈夫です。

 

バイオリンの弦は拭いた方がいい?

弦に付着した松ヤニを毎回拭き取るべきかよく質問されますが、これはあまり神経質にならなくて大丈夫です。弦が天ぷら粉をつけたような状態になっていれば拭き取る方がいいですが、少し白くなっているならばそのままで構いません。弦もゆるめる必要はないので、音程はそのままにしておいてくださいね。

指で弦をおさえる指板上は、汗が付着しているのでこちらはさっとおそうじしておきましょう。弦が錆びる原因になりますよ。

 

バイオリンの弓も忘れずにおそうじを!

つい忘れがちなのが弓です。弓も弾いたあとには掃除をしましょう。弓をゆるめる前に棹と毛箱付近の汚れを拭きましょう。弓の毛にはさわらないようにしてください。その後、弓の毛をゆるめればOKです。

 

時々メンテナンスしたいバイオリンのお手入れ

一週間に一度くらいを目安におこないたいメンテナンスをご紹介します。

 

バイオリンの細かいパーツのメンテナンス

調弦で使うペグ、弦を張ってあるテールピースの下、あごあての下、駒などのパーツも乾拭きをしてあげましょう。意外にも汚れが付着しており、だんだん輝きが失われていきます。

駒はそっと両面を拭いてあげるだけにしましょう。強くさわると位置がずれてしまうので、松ヤニの汚れを取るだけで大丈夫です。

弦と指板の間にもクロスを入れてふいてあげると、ベタベタした汚れが取れてさっぱりしますよ。

 

バイオリンのボディをみがきたい時は?

手元に来た時はニスがピカピカと光り、とてもきれいなバイオリンだったのに最近ちょっとくすんできたような気がするなぁ。そんな時にはバイオリンをみがきましょう!

なるべくクロスのきれいな面で、やさしくバイオリンを磨きます。軽く息を吹きかけて磨くと汚れが浮いてくるのですぐにきれいになります。

一点だけに力を入れるとニスがはげたり、板を傷つける原因になるので、大きくゆっくりと動かすのがコツです。

出典:https://www.amazon.co.jp/

バイオリンのメンテナンスキットに、クリーニング液やオイルなどの商品もありますが、楽器をいためてしまうことも多いので、あまりオススメできません。

もし本格的なクリーニングをしたいなら、調整の時に一緒にお願いしましょう。ピカピカに磨いてくれますよ。

 

メンテナンスに水分は厳禁です

なかなか汚れが落ちなかったり、きれいにならないからと言って、水拭きをするのはやめましょう。バイオリンに水分を与えるのはよくありません。日常のお手入れはごく簡単にで大丈夫です。

 

バイオリンの保管時に気をつけたいメンテナンスや小物は?

バイオリンを保管しておく時に気をつけたい事や、使ってみたい小物をご紹介します。

 

バイオリンは温度と湿度に敏感です

演奏する時はもちろん、保管時の環境にも気を配っていますか?ケース内の環境も整えてあげると、音の狂いや不調も防ぐことができますよ。

湿度の管理は大切なポイントです。簡易型やカードタイプの湿度計を一緒に入れておいて、湿度が40〜60%ぐらいになるようにしておきます。

梅雨や夏の時期には乾燥剤を入れたり、冬には加湿する小物を使うと便利です。

 

「モイスレガート」という湿度を管理する小物が便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

 

加湿をするなら弦楽器専用の「ダンピット」がいいですね。

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

ケースにしまう時も注意しましょう


スリムなバイオリンケースを使っていると、バイオリンのボディにケースの内装があたってしまい、いつのまにかニスが剥がれることがあります。気になるようならバイオリンを入れる保護袋を使うか、スカーフややわらかい布でくるんでしまいましょう。

 

バイオリン保護袋はこちらです。

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

快適な空間でバイオリンを保管してあげましょう

あまり神経質になる必要はありませんが、人間が普通に過ごしていて快適な空間であれば、バイオリンも気持ちよくいられると考えてください。

温度で言えば暑かったり寒かったりするのは、バイオリンにとってもあまりよくありません。湿度も同じことが言えます。

また直射日光に当たるのはよくありません。ニスが変質しやすくなり楽器に影響が出やすくなります。

プロのバイオリニストが野外で演奏する時は、野外専用のバイオリンや、外に出してもいいセカンドのバイオリンを使っていることが多いのです。弓もカーボン弓を使う場合もあります。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?バイオリンのメンテナンス、保管や環境についてご紹介しました。いつもきれいなバイオリンで良い音を楽しみたいですね!ぜひ毎日お手入れをしてあげてください。