初心者でもできる!バイオリン上達への近道となる練習!

バイオリンを買ってみたけど、どんな練習をしたらいいのかわからなくて。知り合いに聞いてみてもいいけど、自分で少しやるのはむずかしいかな?

こんな時にぜひ気をつけてみたい、そしてこれをやれば確実に上手くなる!というポイントがあります。

初心者が気をつけたいバイオリン練習・フォーム編

やはり演奏で一番大きな影響が出るのが、バイオリンの構え方、フォームです。

自分の身体で支えるバイオリンはそのフォームが美しければ、出てくる音色も美しくなります。ぜひ毎日チェックしたいですね。

 

バイオリンの構え方

出典:http://www.gotomidori.com/?lang=ja

バイオリンは左肩に乗せて構えるイメージがありますが、実は肩ではなく鎖骨に乗せてアゴでひっかけています。肩の骨はあまりバイオリンには触れていません。

また肩に担いでしまうと、右手の弓がとても使いにくくなります。どちらかというと左胸の前にバイオリンを構え、左腕で支えるイメージです。

鎖骨と頭のバランスでバイオリンを構えることができれば、身体は何もしなくてすみますよ。

 

からだの力は抜いてリラックスしながら練習

バイオリンは身体全体を使って演奏する楽器なので、どこかが力んでいるとその音色も硬くなり、遠くまで響かせることがむずかしくなります。

身体の力を抜きリラックスさせた状態にし、できれば重心を下げて立ちましょう。肩が上がっていると力が抜けないので、肩を一度持ち上げて息を吸い、吐き出しながら肩を落とすと重心も落ちますよ。

 

まったくわからないという方は、畳やベッドの上にあおむけに寝て、バイオリンを天井に突き出しながら構えてみましょう。身体の力が抜ける感じがつかめます。

 

上達のために初心者が気をつけたいバイオリン練習・右手編

右手のボーイングは常に悩みの元ですね。右手のテクニックについて「左手は3日練習を怠っても3日で戻るが、右手は1日怠れば3日分後退する」と言われています。それだけバイオリンの右手の練習は大切です。

 

弓の持ち方は常にチェックしましょう

とてもむずかしいのですが、バイオリンの弓を持つ右手の形にはゴールがありません。関節と筋肉の関係、しなやかさ、気候などの関係で、常に手の状況は変化していきます。

昨日上手くできた奏法が今日はまったくできない、指がうまくハマらない、という事は日常茶飯事です。

その時大切なのは、むりやりいつもの形にするのではなく、右手全体をリラックスさせることです。力で持とうとしてもうまくいくことはまずありません。

またなんとなく弓がグラグラするので、手を広げて指を伸ばしたくなることもありますが、むしろ逆効果です。

5本の指がしっかりと弓の棹とコンタクトが取れていること、弓の重心をつかむ感覚があることが最優先したいポイントですね。

 

右手の指がつっぱっていませんか?

筆者撮影・右手の指の形。見やすくするために鉛筆で代用しました。

音を出す前はいいんだけど、弾き始めたら指がまっすぐに伸びてしまって、という悩みはよく聞きます。

指の関節はすべて軽く曲がり、リラックスした状態をキープするのがもっとも良い練習です。親指や小指がぴーんと伸びたり、人差し指が常に伸びきっているのはあまり良い形ではありません。

また手を広げすぎると指にも力が入る原因になります。手の甲に緊張が走るほど、手を広げるのはやめましょう。

 

全弓でのボーイング練習は必ずやりましょう

弓を全部使ってゆっくりと動かすボーイング練習は、一番初めに必ずやりましょう。いきなり曲を弾いてもうまくなりません。各弦を二往復ずつほど、ゆっくりと響きを聞きながら右手の動く範囲を確認しましょうね。

 

初心者が気をつけたいバイオリン練習・左手編

パラパラと魔法のように動く左手。あの不自然な形でよく動く指を作るには大変な練習が必要です。ここではその練習にたどり着くためのポイントをご紹介します。

 

手首と指は常に丸く!

バイオリンで使う左手は、ひじ、手首、指の付け根、指の関節、とすべての関節が内側に軽く曲げられているのがポイントです。バイオリンをやさしく包み込むイメージを持ちましょう。

指がつっぱったり、関節をかたく固めてしまうのは非常によくありません。常にしなやかに柔らかい身体を目指しましょう!

 

左手の役割を考える

左手はバイオリンのネックを支えますが、それはにぎったり固定する動きではなく、ネックを下からそっと支え、ネックに沿って前後に動く柔らかさが必要です。

ですから指先の色が変わるほど、ネックを握るのはやめましょう。そのためにもバイオリンを身体で支えられる構え方が必要になってきますね。

指は弦の音程を変えるのが目的です。必要以上に押さえることはないですが、指をすばやく振り下ろしたり、持ち上げたりする筋力は必要です。機敏な動きを目指してみてください。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?バイオリン上達への近道となる基本ポイントについてまとめてみました。

大切なのはリラックスと、力を入れない素早い動きです。バイオリンはとてもシンプルな楽器なので、弾き手にもシンプルでりきまない演奏スタイルが求められます。

バイオリンを弾きながら、自分の身体の動きについてもう一度振り返ってみてくださいね!